建物にとって重要な基礎工事は、配筋から始まります。
現場の管理者、社内検査、第三者機関のチェックにも配筋検査が行われます。
配筋作業の検査の次に、コンクリートを流し込みます。
立ち上がり部分の型枠を準備し、コンクリートを流します。
基礎と土台をつなぐアンカーボルトが、あらかじめ取り付けられています。





基礎工事を終え、本体工事。
基礎の上に土台敷きを設置し、柱を立て、その上に梁などをのせていきます。
柱と基礎をつなぐホールダウン金物、土台と基礎をつなぐアンカーボルト。